先生から熱意を感じる事が出来るのか

個別指導塾では、「しつこさ」のある先生がいい

生徒一人ひとりのレベルや理解度に合わせて指導を行うのが個別指導塾です。生徒中心の指導が受けられることから、入塾を検討している方もいるでしょう。見学の際には、熱意を持って一生懸命に教えてくれる先生なのかどうかも、しっかりと見ておきたい要素です。生徒が理解できていないところを理解できるまで根気よく教えることは、個別指導塾にとっては当たり前の仕事。先生の熱意はその先に表れます。つまり、生徒に理解させるだけでなく、理解したことが定着するまで責任を持ってくれる先生が熱意ある先生なのです。具体的には、教えたことができるようになるまで反復練習をさせたり、宿題でさらに練習を追加したりして、良い意味で「しつこさ」のある先生。生徒の「わからない」にとことんつき合ってくれる先生なら、安心でしょう。

集団指導塾では、生徒の反応に柔軟に対応してくれる先生ならOK

一人の先生が複数の生徒たちを前に講義をするのが、集団指導塾の一般的なやり方です。集団に教える場合、どうしても画一的な授業にならざるを得ず、全ての生徒が完全に理解するとは限りません。そのため、生徒の反応や表情ををよく観察し、あらゆる指導法を駆使しながら生徒を理解に導こうとしている先生なら、熱意を持った先生だと言えるでしょう。生徒たちがつまずいている箇所はより丁寧に教えてくれたり、理解が遅い生徒には机間巡視中に個別にフォローしたり、レベルの高い生徒には発展的な課題を与えたりするなど、単に授業を進めるだけでなく全員の成績を引き上げようと行動してくれる先生。集団指導という制約の中でも、できる限り柔軟な対応をしてくれる先生なら大丈夫でしょう。

© Copyright Quality Of Learning. All Rights Reserved.