どのような生徒が授業を受けているのか把握出来る

自分に適した授業スタイル

塾にはいくつかのタイプがあります。大人数で一人の先生が前で全員に対して同じ授業を講義する形の集団塾と、先生一人に対して数人の生徒でそれそれ個人の内容に合わせて授業を行う個別スタイルの塾などです。これは授業スタイルのが大きく違うために自分に合ったスタイルの塾を選ぶ必要があります。塾によってそこに通っている生徒は大きく違うのです。集団塾には自ら勉強を取り組むことができ、進めていくことができる生徒が多いです。反対に個別塾には自分ではやり方、進め方が分からない生徒が多いです。集団においては同じ授業を全員に行うために個人のやる気がとわれます。個別の場合は先生と一緒に自分のペースに合わせて行うことができます。自分がどちらのスタイルが適しているかのは見学し、生徒の雰囲気を感じることによって見えてくるでしょう。

自分の目標をかなえてくれるかどうか

塾によって、または塾のコースによって生徒が目指している学校のレベルが違っていたりします。目指している学校のレベルによって生徒の取り組む姿勢においても差が現れることが多いです。難関校を目指している生徒とそこそこの学校を目指している生徒ではやる気も違いますし、やはり能力にも差があります。自分の目指す学校や能力に適しているかを見極める必要があります。周りの人たちがやる気がないと自分もやる気をそがれてしまうからです。そのため、一度授業を訪れてみて、生徒の雰囲気を知ることが大切です。それだけでなく、先生についても見ておく必要があります。先生も合う、合わないと個人によって違うので自分の能力を最大限に発揮させてくれる先生かどうかも見る必要があります。

© Copyright Quality Of Learning. All Rights Reserved.