授業中の雰囲気が分かる

授業中の雰囲気は大きく影響する

塾を選ぶ時には、なるべく見学をして授業中の雰囲気を見る事が大事です。1回見学するだけでも、授業中の雰囲気を把握する事が可能であり塾選びの参考になります。そこで、なぜ授業の雰囲気が大事なのかというと学力に大きく影響してくるからです。例えば、授業中にサボっている生徒がいたり、生徒同士が私語をしているとあきらかに生徒の授業へのモチベーションが低いです。このような環境下では、授業に集中する事ができずに塾に通ってもあまり成果が出ないですよね。

しかし、私語がなくサボっている生徒が一人もいない塾だと、授業に集中する事が出来て学力が伸びやすい環境です。このように、授業を見学する事で自分の学力が伸びるのかを判断する事が出来ます。

先生の授業に対する熱意が分かる

塾の授業を見学する事によって、先生の授業への熱意が分かります。塾の先生によっては、あまりやる気がなくて授業内容が乏しい場合があります。そのような先生に教えてもらってもまったく学力が伸びずにお金と時間の無駄になるだけです。しかし、先生が一生懸命生徒に問いかけながら勉強を教えたり、分かりやすいように工夫しながら教えていると当然生徒の学力が伸びやすい環境です。授業を見るだけで、先生の熱意がある程度分かるので塾選びの参考になるでしょう。 塾で学力を伸ばすためには、自分の努力が大事ですが先生の熱意も同じように重要になるので、なるべく見学をして先生がどれぐらいの熱意で授業を教えているのかを確認してから塾に通うようにします。

冬休み頃から新しい年度が始まるまでの期間の間や春休み中に、学問や技術などの学習を行うことを春期講習と言います。まとまった休みの間に集中的に勉強に励むのが一般的です。

© Copyright Quality Of Learning. All Rights Reserved.