先生が生徒に時々質問しているのか

生徒とのコミュニケーション

塾では先生が生徒に対して一方的に講義する形となってしまいます。生徒も複数人いるため、先生は生徒が理解できているのかを把握することは不可能です。また、生徒が多ければ多いほどある一人の生徒のペースに合わせることはできないのです。つまり、先生は解説したことを生徒が理解しているとして授業を進めていきます。しかし、生徒が理解できていない場合があります。そこで、先生は生徒に時々理解できているかを質問することによって、この溝を少し埋めることができます。生徒が理解できていないのに先に進んでしまうと、生徒はつまづいて意欲を損ねたり、後から一人で一からやらねばならなくて二度手間となります。それを防ぐためにも生徒の理解力をはかるためには先生が生徒に質問をなげかける必要があるのです。

参加型授業スタイルに

生徒と先生の間にはコミュニケーションが必要です。先生が一方的に解説していくスタイルの授業は大半の生徒に適していません。集中力が切れて、上の空になっていたり、ノートを取ることに必死になって理解ができていない場合があります。これは勉強に受け身になっているといいうことです。ただ与えられているだけになっているのです。そのため、生徒間に大差ができます。一生懸命解説を聞いて理解しようとする生徒となんとなくでやっている生徒が現れてくるのです。生徒を受け身にするのでなく、授業に参加させる能動的なスタイルをとることによって生徒の緊張感や意欲を高めることができます。授業に参加型にするということは生徒と先生の間にコミュニケーションが必要です。そのため、先生が生徒に時々質問することが大切なのです。

中学受験を目標とするお子さんをお持ちの親の悩み!ズバリ塾についてでしょう!大事な時期にしっかり教えてもらえる、でもお財布に厳しそう。そんな時は複数の小学生の塾を比較するのも一つの手かもしれません

© Copyright Quality Of Learning. All Rights Reserved.